手洗い・手指衛生は、呼吸器感染症のリスクを減らすのか?
スポンサーリンク

手洗いや手指衛生は、呼吸器感染症のリスクを減らしているのでしょうか?

■ 外来で、小さいお子さんに『手をあらおうかー』と一緒に手洗いすると、みんなすごく上手になっていることを感じます。

■ さまざまな場所で、手洗いを励行されているのでしょう。

■ では、その手洗い(手指衛生)は、呼吸器感染症のリスクを下げているのでしょうか?

■ メタアナリシスをご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

手指衛生による介入が、呼吸器感染症に及ぼす影響を報告している8研究における、メタアナリシスを実施したところ、

 ✅ 7件の均質な研究のみでメタアナリシスを実施すると、相対リスクは1.19(95%CI 1.12~1.26)であり、手洗いは呼吸器感染症のリスクを16%(95%CI 11~21%)減少させることが示唆された。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう