日本の年少児におけるアレルギー疾患の有症率はどれくらいか?
スポンサーリンク

日本における、アレルギー疾患の有病率は?

■ 日本におけるアレルギー疾患の有病率は、ある地域で行われたものや横断研究が多く、より大規模でコホート試験などからの結果がもとめられていました。

■ 最近になって、大規模出生コホート試験であるエコチル調査から、アレルギー疾患の有病率が報告されました。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

日本における多施設前向き出生コホート研究であるエコチル調査(JECS)に参加した妊婦103060人から出生した児のアレルギー疾患の有病率を調査したところ、

 ✅ (保護者が報告した)即時型食物アレルギーの有病率は、1 歳時で 7.6%、2 歳時で 6.7%、3 歳時で 4.9%だった。

 ✅ 保護者が報告し医師が診断したIgE非依存性の食物消化管アレルギーが0.5%の乳児にみられた。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう