アトピー性皮膚炎は、深部静脈血栓症と肺塞栓症を起こしやすくするかもしれない

アトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症だけでなく、全身性の炎症から他のさまざまな病気の原因になる可能性が指摘されるようになった。

アトピー性皮膚炎が全身性の炎症性疾患にも関連することが注目されるようになっています。

そして最近、台湾からの報告で、アトピー性皮膚炎が静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症・肺塞栓症)のリスクを上げる可能性があることが報告されました。

Chen T-L, Huang W-T, Loh C-H, Huang H-K, Chi C-C. Risk of Venous Thromboembolism Among Adults With Atopic Dermatitis. JAMA Dermatology 2023.

台湾の国民健康保険研究データベースにおける成人284,858人のうち、アトピー性皮膚炎の成人142,429人が含まれる群において、静脈血栓塞栓症の発生リスクを検討した。

重要性

■ アトピー性皮膚炎(AD)は、慢性的な全身炎症と血管への影響に関する病態メカニズムから、心血管疾患との関連性が検討されてきた。
■ しかし、成人期におけるADと静脈血栓塞栓症(VTE)発症との関連は、ほとんどわかっていない。

■ そこで、ADと発症したVTEとの関連を調査することを目的として検討した。

目的

■ AD患者におけるVTEの発症リスクを検討する。

デザイン、セッティング、参加者

■ この人口ベースの全国コホート研究は、国民健康保険調査データベースから20歳以上の成人(2003年から2017年に新たに診断されたADを有する成人およびマッチした対照者)を対象とした。

■ AD患者は、重症度に応じてサブグループ化した。
■ VTEのハザード比(HR)の推定には、Cox回帰モデルを使用した。
■ 年齢と性別による層別解析、全身性ステロイド使用者を除外した感度解析を実施した。

主なアウトカムと測定法

■ ADに関連するVTE発症のハザード比(HR)。

結果

■ 本解析では、AD(平均年齢[SD]44.9[18.3]歳、女性78 213人)および非ADコホート(平均年齢[SD]44.1[18.1]歳、女性79 636人)の各142 429人を含む計284 858人の参加者が対象となった。
■ 追跡期間中、ADコホートでは1066人(0.7%)、非ADコホートでは829人(0.6%)がVTEを発症し、発症率はそれぞれ1000人年あたり1.05人および0.82人だった。
■ ADのある成人は、ADでない成人と比較して、VTE発症リスクが有意に高かった(HR, 1.28; 95% CI, 1.17-1.40 )。

■ それぞれのアウトカム解析では、ADは深部静脈血栓症(HR 1.26; 95% CI, 1.14-1.40) および肺塞栓症(HR, 1.30; 95% CI, 1.08-1.57) のリスクが高くなることが示唆された。

結論と関連性

■ このコホート研究の結果は、成人期のADがVTEのリスク上昇と関連することを示唆している。
■ ADを持つ成人と持たない成人のVTEの絶対リスク差は小さいと考えられた。
■ しかしながら、VTEを示唆する症状を呈するADの成人に対しては、心血管検査および緊急の管理を考慮する必要がある場合があると考えられた。
■ ADとVTEとの関連性の根底にある病態生理を解明するために、今後の研究が必要である。

 

 

管理人の感想は、noteメンバーシップでまとめました。

 

created by Rinker
¥2,420 (2024/04/23 14:48:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

このブログは、私の普段の勉強の備忘録やメモを記録しているものですので、細かい誤字脱字はご容赦ください。
基本的に医療者向けで、申し訳ありませんが、質問には基本的にお答えしておりません。

知識の共有を目的に公開しておりますが、追加して述べる管理人の意見はあくまでも個人としての私見です。
所属するいかなる団体の立場も代表するものではありませんし、すべての方に向いているという情報でもありません。予めご了承いただきたく存じます。

このブログの『リンク』は構いません。
しかし、文章やアイデアを盗用・剽窃・不適切な引用したり、許可なくメディア(動画を含む)に寄稿することはご遠慮ください。
クローズドな場での勉強会などに使用していただくことは構いません。
Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Xでフォローしよう