スポンサーリンク

Sly PD, Varghese J, et al. Severe winter asthma exacerbations can be prevented by omalizumab, but there is no carryover effect. J Allergy Clin Immunol 2017; 139:703-5.e4.

topic

これまで、オマリズマブ(商品名ゾレア)で軽減した食物アレルギーは、中止すると再燃するかもしれないという報告や、オマリズマブ(ゾレア)はアトピー性皮膚炎に効果があるか?と言う報告をご紹介してきました。

ゾレアで軽減した食物アレルギー反応は、中止すると再燃するかもしれない: 症例集積研究

オマリズマブ(ゾレア)はアトピー性皮膚炎に効果があるか?:システマティックレビュー&メタアナリシス

■ 本来はゾレアは食物アレルギーやアトピー性皮膚炎ではなく喘息に使われ、本邦でも保険適応となっています。そして特に秋の発作(1年の中で最も発作が多い)を減らすことがわかっています。

■ では、ある年に投与されたゾレアの効果は、次のシーズンまで効果が続くのでしょうか。

 

P: 重篤な喘息増悪の既往歴のある児で、オマリズマブで冬季の喘息発作の抑制が見られるかどうかをみたランダム化比較試験に参加した小児27人(年齢6-15歳[平均11.45±2.99歳];男児14人)
E: オマリズマブの治療期間の冬季
C: オマリズマブの治療期間の次年度の冬季
O: オマリズマブは次年度まで効果が持続するか

 

結果

■ すべての小児はエアロアレルゲンに感作されており、平均7.7年間、喘息に罹患していた。

■ ベースライン時の総IgE値にもとづき、オマリズマブ(n = 14)もしくはプラセボ(n = 13)を5ヵ月間投与されていた。

■ 25人の小児は研究治療を完了し、22人は追跡調査を完了した。

■ プラセボ群におけるインシデント率(6例)は、オマリズマブ群(1例)より10.8倍多いと見積もられた(P = .024)

■ 初回の重篤な増悪までの時間は、オマリズマブ群でより長った(平均、240.5日[SD 87.9日]対107.0日[SD 115.9日]; P = .08)。

■ しかし、次年度の追跡調査期間では、重篤な増悪率の差は変化しなかった(インシデント率 0.45; P = .45)

 

コメント

■ 秋季のウイルス感染期間の喘息増悪に関してオマリズマブ(ゾレア)の効果はすでに報告されています(N Engl J Med 2011;364:1005-15.)。

■ 上で述べた食物アレルギーを抑える効果と同様に、オマリズマブの喘息予防効果は明らかですが、その効果は次のシーズン(冬)までは続かないとまとめられるでしょう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事