果物を食べると、アレルギー疾患が予防できる?

Kusunoki T, et al. Fruit intake reduces the onset of respiratory allergic symptoms in schoolchildren. Pediatr Allergy Immunol 2017.[Epub ahead of print]

 食品でアレルギー予防できますか?

■ 食品でアレルギーを予防できるかどうかに関して、外来で良く聞かれます。

■ 現実的には難しいといえるのですが、例えば、ヨーグルトや魚に関しての研究結果があります。

■ 今回は滋賀県立小児保健医療センターからの報告で、果物摂取がアレルギー発症を抑えるかもしれないという報告です。

 

 7歳の小児520人の果物摂取量とアレルギー疾患の発症に関して検討した。

背景

■ 先行研究は、食事パターンがアレルギー予防に関連していることを示している。

 

方法

■ 私たちは、滋賀県の近江八幡市のすべての小学校に対して前向きコホート研究を実施した。

■ アレルギー症状および食事に関するアンケートは、2011年から2014年までの4年間連続で7歳児の両親759人に配布された。

■ 吸入アレルゲン特異的IgE抗体価は、10歳で測定された。

■ 参加者は、4つの食品(果物、野菜、魚、豆)に関し、調査期間中に、少ない、普通、多い摂取群に分類された。

■ オッズ比および95%信頼区間を推定するためにロジスティック回帰分析を行った。

 

結果

■ 両親が質問票に4年間回答した、計520人の小児(68.5%)が分析に含まれた

10歳時における喘息、鼻炎、その他のアレルギー症状の有病率は、果物摂取量の増加とともに有意に低下した

■ さらに、研究期間中のアレルギー発症は、果物摂取量の増加とともに有意に減少した(少ない、普通、多い果物摂取群でそれぞれ33.3%、28.3%、14.3%; P for trend= 0.01 )

■ 10歳時のブタクサ感作率は、果物摂取量の増加に伴って有意に減少した(P for trend=0.046)。

■ 魚摂取量と新規発症喘息症状との関連以外、他の3つの食品には有意な効果は観察されなかった

 

結論

■ これらの知見は、果物の摂取量が多いほど小学生の呼吸器アレルギー症状を予防するのに役立つことを示唆している。

 

結局、何がわかった?

 ✅7歳時点で果物を摂取するほど、10歳時における喘息・鼻炎・その他のアレルギー症状の有病率は有意に低下した。

 

 

 果物摂取はアレルギーを予防するかもしれない。

■ 果物に含まれるポリフェノールは、アレルギー免疫応答において影響を及ぼすことが示されているそうです。

■ 果物がアレルギー疾患を減らすならば、普段のちょっとした指導に役立つかもしれませんね。

 

 

今日のまとめ!

 ✅アレルギー予防に果物摂取をすすめてもいいかもしれない。