スポンサーリンク

乳児期のアトピー性皮膚炎が、その後の喘息発症リスクになるという報告。アトピーマーチに関連しています。

■ アトピー性皮膚炎が、経皮感作を通して他のアレルギー疾患を増やすという報告は、最近とても増えて来ています。

■ やや古い報告ですが、まだ経皮感作が一般的でない時代から、アトピー性皮膚炎が喘息のリスクになるというシステマティックレビューをご紹介します。講演などで引用することが多いです。

 

van der Hulst AE, et al. Risk of developing asthma in young children with atopic eczema: a systematic review. Journal of Allergy and Clinical Immunology 2007; 120:565-9.

4歳までにアトピー性皮膚炎が、その後の喘息発症リスクになるかを評価した前向きコホート研究13件(出生コホート研究4件、湿疹コホート研究9件)に対し、メタアナリシスを実施した。

背景

■ 乳児期のアトピー性皮膚炎のある乳児と幼児の多くが、学童期に喘息を発症すると一般的に信じられている。

■ この意見は主に、横断的な集団調査に基づいている。

■ 最近のエビデンスは、乳児期早期の湿疹と喘息とのより複雑な関係を示唆している。

 

目的

■ このシステマティックレビューは、生後4歳までのアトピー性皮膚炎のある児の喘息発症リスクを評価するために行われた。

 

方法

■ このトピックに関するすべての前向きコホート研究を同定するために、精密な検索が行われた。

■ 適格である報告をプールすることにより、4歳までのアトピー性皮膚炎のある児の、6歳以上での喘息発症リスクを算出した。

 

結果

■ 前向きコホート研究13件(出生コホート研究4件、湿疹コホート研究9件)が含まれた。

■ 出生コホート研究では、湿疹のない児と比較した湿疹発症した児の喘息リスクは、プールされたオッズ比が2.14(95%CI 1.67~2.75)だった。

■ 湿疹コホート研究における6歳での喘息の有病率は、入院患者の場合は35.8%(95%CI、32.2%〜39.9%)、入院・外来患者を合わせた場合は29.5%(95%CI、28.2%〜32.7%)だった。

 

結論

乳児期早期の湿疹発症後に喘息が発症するリスクは高いが、湿疹のある3人の1人が、幼児期に喘息を発症する。

■ これは以前に仮定されたものよりも低かった。

 

臨床的意義

■ 我々の結果は、アトピー性皮膚炎およびその両親への助言に重要な影響を及ぼすかもしれない。

 

 

結局、何がわかった?

 ✅出生コホート研究に対するメタアナリシスで、4歳までに湿疹のない児と比較し、湿疹がある児のその後の喘息のリスクは、オッズ比 2.14倍(95%CI 1.67~2.75)だった。

 

アトピー性皮膚炎は、喘息発症リスクを増加させる。

■ ちょうど、ジャーナルのレビューを書いていて、ストックとしてUPしました。

 

 

今日のまとめ!

 ✅4歳までのアトピー性皮膚炎は、6歳以降の喘息発症を2倍以上にする。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事