スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎は睡眠障害を起こしえます。それは、身長の伸びに影響するのでしょうか?

■ アトピー性皮膚炎は悪化するとかゆみのために睡眠障害をきたします。

■ では、その睡眠障害は身長の伸びに影響するでしょうか?

 

Silverberg JI, Paller AS. Association between eczema and stature in 9 US population-based studies. JAMA dermatology 2015; 151(4): 401-9.

小児期・思春期 264326人と成人 83511人に関し、アトピー性皮膚炎と身長の関連を検討した。

重要性

アトピー性皮膚炎 (Atopic dermatitis )(湿疹; eczema)は、他の慢性疾患(例えば喘息)、QOL(quality-of-life)の障害、睡眠障害、強いステロイド外用薬、ときには全身性ステロイドの使用に関連する慢性炎症性疾患であり、それらはすべて小児期および思春期における成長に影響する。

■ しかし小規模の先行研究では相反する結果が見られた。

 

目的

■ アトピー性皮膚炎が低身長に関連しているかどうかを判断する。

 

研究デザイン、セッティング、参加者

■ National Survey of Children's Health (2003-2004年および2007-2008年)、National Health Interview Survey(小児の健康調査; 2008年から2012年、成人の健康調査; 2010年および2012年)、National Health and Nutrition Examination Survey(2003-2004年および2005-2006年)を含む9つの米人口ベースの研究からのデータを使用した。

参加者には、小児期・思春期 264326人と成人83511人が含まれた

 

曝露

■ アトピー性皮膚炎の既往歴。

 

主なアウトカムと検査

■ 小児の年齢と性別に対する身長と、成人の身長のパーセントタイル。

■ 我々は、Box-Cox変換し、身長で二分した個々の研究それぞれについて、線形多変量解析またはロジスティック回帰モデルを実施した。

■ プール分析において一般化された線形混合モデルを使用した。

 

結果

■ 全体としてアトピー性皮膚炎は、どの研究でも、プールされた解析においても、身長(連続変数でも<5パーセントタイルまたは25パーセントタイルでも)と有意に関連していなかった

■ 14〜15歳、16〜17歳、または成人期ではなく、12〜13歳においてより低い身長に関連したアトピー性皮膚炎は、年齢による有意な相互作用が見出された。

中等症から重症のアトピー性皮膚炎は、身長がより低い(連続的かつ<25パーセンタイル)ことに関連していた

■ 特に、低身長(5パーセンタイル未満)は、睡眠不足の指標(例えば十分な睡眠が週 0〜3晩)(湿疹のある児の1.3%)の徴候を伴うときのみアトピー性皮膚炎が関連したが、喘息、花粉症、処方薬には関連しなかった。

■ アトピー性皮膚炎と睡眠不足との相互作用は、10〜11歳では有意であったが(P = .003)、他の年齢では有意ではなかった(すべてP> .08)。

 

結論と妥当性

■ アトピー性皮膚炎は全体としては低身長と関連していない。

■ しかし、著しい不十分な睡眠を伴う重篤なアトピー性皮膚炎のある小児および思春期のサブセットは、潜在的に可逆的な成長障害がある可能性がある

 

 

結局、何がわかった?

 ✅ 全体としては、アトピー性皮膚炎は、身長と有意に関連していなかった。

 ✅ しかし、中等症から重症のアトピー性皮膚炎は、身長がより低いことに有意に関連していた。

 

アトピー性皮膚炎は全体としては身長に関連しないが、重篤なアトピー性皮膚炎の場合は低身長に影響する。

■ 重篤なアトピー性皮膚炎のあるお子さんをきちんと治療すると、その後身長が伸び始めることをよく経験します。

■ 私はその身長の伸びがよくなる理由は、睡眠障害が改善したためかもしれないと考えていますが、この検討はその考えを支持するものかなあと受け止めています。

 

 

今日のまとめ!

 ✅ アトピー性皮膚炎そのものは身長の伸びに影響しないが、「重篤なアトピー性皮膚炎」は身長の伸びを悪化させるかもしれない。

 

Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう