スポンサーリンク

乳児期の喘鳴が、その先の「本当の喘息」に移行するかを予測することは難しい。

■ 乳児期の喘鳴は、必ずしも年長児まで持続しませんが、その予測は決して簡単ではありません。

喘息予測インデックス(Asthma Predictive Index; API)は広く使用されていますが、なかなか予測が難しいことも確かです。

喘息予測インデックス
大基準
■親の喘息
■アトピー性皮膚炎
小基準
□アレルギー性鼻炎
□感冒時以外の喘鳴
□好酸球増多(4%)大項目 1 以上   +繰り返す喘鳴    : 76%
小項目 2 以上   +少なくとも 1 度の喘鳴: 59%

■ そして最近、喘息予測インデックスよりも有用ではないかとして、小児喘息リスクスコア (PARS)が発表されました。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

Cincinnati Childhood Allergy and Air Pollution Study出生コホート研究 762人において、小児喘息リスクスコア「PARS」を作成し、喘息予測インデックス(API)との性能差を比較したところ、

 ✅ PARSは軽症から中等症の喘息リスクを予測する性能が改善していた。

 ✅ 予測因子として、親の喘息、湿疹、風邪以外の喘鳴に加え、早期の喘鳴(オッズ比 [OR] 2.88; 95% CI 1.52-5.37)、2種類以上の食物アレルゲンおよび/または吸入アレルゲンに対する感作(OR 2.44; 95%CI 1.49-4.05)、アフリカ系米国人(OR 2.04; 95%CI 1.19-3.47)が含まれた。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう