花粉‐食物症候群(pollen‐food syndrome; PFS)とは?
スポンサーリンク

また、花粉食物アレルギー症候群(Pollen food allergy syndrome; PFAS)の総論です。

■ 最近、花粉食物アレルギー症候群(Pollen food allergy syndrome; PFAS)のお子さんが多いなあ、、と思います。

■ 先日も、PFASの総論をご紹介したばかりです。

■ そしてまた同じようなレビューの抄録です。最近、PFASの論文を読んでいるとたいていこのレビューが引用されています。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

花粉‐食物症候群(pollen‐food syndrome; PFS)を述べた総論において、

 ✅ 交差反応性のあるアレルゲンはプロフィリン、脂質輸送蛋白質(LTP)、高分子アレルゲン、糖鎖アレルゲンであり、リコンビナントアレルゲンや低アレルゲンパネル検査は、PFS診断と治療の両方を改善する有望なツールとなる。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう