小児において接触皮膚炎を起こしやすい物質はなにか?
スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎と接触皮膚炎の関連。

■ アトピー性皮膚炎と接触皮膚炎の関連が報告されるようになりました。

■ 経皮感作の観点からは当然とも言えますが、小児での接触皮膚炎の頻度を報告した研究は多くはありません。

■ そこで今回は、小児の接触皮膚炎のリスクや感作成分の頻度を確認した報告をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

5~17歳のアトピー性皮膚炎児100人に関し、31種類のアレルゲンのうち、どれに感作されているかを確認した。

 ✅ 接触アレルギーのリスクはアトピー性皮膚炎の重症度と有意に相関した。

 ✅ 金属とスキンケア成分に対する感作が多かった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう