リンパ節内にアレルゲン注射をするという経リンパ節アレルゲン免疫療法の(初)報告
スポンサーリンク

アレルゲン免疫療法の新しい投与ルート、リンパ節。

■ 現在、アレルゲン免疫療法のルートは、皮下、舌下、経口、経皮などがあります。

■ 最近、あたらしいルートとして注目されるようになってきたのが、『経リンパ節アレルゲン免疫療法』という、リンパ節に直接アレルゲンを注射するという方法です。

■ もちろん現状では実用化されてはいないのですが、実施回数が少なく免疫寛容を誘導できるという利点があります。

■ その経リンパ節アレルゲン免疫療法の初報告を、ご紹介します。

管理人注
最初にUPした際、『初報告』としましたが、
『モジュール型抗原輸送体(modular antigen transporter; MAT)ワクチン(MAT-Fel d 1)』を使った経リンパ節免疫療法の初報告であり、『経リンパ節免疫療法の初報告』は、『Proc Natl Acad Sci U S A 2008; 105:17908-12.』のようです。
修正させていただきます。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

ネコふけ組換えアレルゲンFel d1(MAT‐Fel d1)を使用した経リンパ節免疫療法を3回行い、有効性を確認したところ、

 ✅ 鼻症状の耐性(鼻へのネコふけの誘発負荷で確認)増加は、プラセボ軍は3倍未満だったが、MAT‐Fel d1によるリンパ節アレルゲン免疫療法群は、鼻症状の耐性を74倍増加した(P<.001)。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう