SCCA2は、成人アトピー性皮膚炎の重症度を反映する
スポンサーリンク

SCCA2は、新しいアトピー性皮膚炎の重症度の指標として注目されてきています。

■ SCCA2は、もともとは扁平上皮癌のマーカーとして報告されましたが、最近になってアトピー性皮膚炎や乾癬の指標として注目されるようになってきました。

■ 今回は、日本からの報告で、SCCA2がアトピー性皮膚炎の指標として有用かを検討した報告をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

成人アトピー性皮膚炎240人と健常対照者25人の血清SCCA2濃度を調査し、有用性を検討したところ、

 ✅ SCCA2は、アトピー性皮膚炎患者の上皮基底ケラチノサイト上で強く発現しており、疾患重症度、TARC値、LDH値、好酸球数、IgE値と正の相関を示した。

 ✅ SCCA2は治療に従い低下した。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう