小児の風邪症状は、どれくらい続くのか?
スポンサーリンク

小児の風邪症状は、どれくらい続くのか?

■ 風邪の症状に関して、『なかなか治らない』という訴えは少なからずあります。

■ 調べていると、システマティックレビューにたどり着きましたのでご紹介します。

 

※ この文献は、風邪の罹病期間をしらべていて、(Pappas DE, Pediatr Infect Dis J 2008; 27:8-11.)からたどり着いたのですが、どこかでみたことがあるなあ…と思うと、すでにKID先生がグラフ付きで記事にされていました。そちらもぜひ御覧ください。

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

こどもの風邪の症状持続期間に関して、システマティックレビューを実施したところ、

 ✅ 小児の風邪症状は、耳痛は7日目~8日目までに、咽頭痛は2日目~7日目までに、クループは2日目までに、細気管支炎は21日目までに、急性咳嗽は25日目までに、感冒は15日目までに、非特異的な呼吸器感染症症状は16日目までに、90%が軽快していた。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう