小児の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するシステマティックレビュー
スポンサーリンク

小児の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の特徴に関するシステマティックレビュー。

■ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報は、インフォデミックの状況になってきており、集めにくくなってきています。

■ プレプリントの論文も多くなり、とはいえ情報はまとまった確かなものを…となると難しい部分もあるのですが、一定レベルのジャーナルのシステマティックレビューを中心に読むことにしています。

■ 小児に関するCOVID-19のシステマティックレビューは増えているものの、あまりデータはそろってはいません。

■ とりあえず、1週間ほどまえに発表されたシステマティックレビューをご紹介します。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

小児のCOVID-19の疫学について検討するために、症例シリーズ2件と後方視的なカルテレビュー8件を含む計10件の研究(COVID-19患児 計2914人)のシステマティックレビューを行ったところ、

 ✅ 上気道症状・鼻漏・くしゃみ・鼻閉(13.7%)、嘔吐・嘔気(7.8%)、下痢(10.1%)よりも、咳(48%)、発熱(47%)、咽頭痛・咽頭炎(28.6%)が、より多かった。

 ✅ COVID-19で入院した小児の死亡率は0.0018%だった。

 ✅ CTの結果は、片側性のCT画像所見が36%の症例で、64%が両側性の所見を認めた。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう