ビラスチン(商品名ビラノア)は、倍量内服しても蛇行運転へ影響しない
スポンサーリンク

ビラスチン(商品名ビラノア)は、眠気の少ない抗ヒスタミン薬として成人でよく使われます。

■ ビラスチン(商品名ビラノア)は、日本では小児適応はありませんが、『眠気の少ない』抗ヒスタミン薬として成人では汎用されるようになりました。

■ 以前、Yahoo個人の記事で抗ヒスタミン薬を取り上げましたが、ビラスチンは『自動車の運転』に関する注意書きがない抗ヒスタミン薬であることをご紹介しました。

■ 実際、倍量内服しても、自動車の運転の判断に影響していないのではないかという最近の報告をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

参加者22人に対し、プラセボ・ビラスチン(20mg/40mg)、ヒドロキシジンによる蛇行運転への影響(SDLP)を比較した。

 ✅ ヒドロキシジンは治療の1日目と8日目にSDLPを有意に増加させたが、ビラスチンはSDLPに影響しなかった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう