新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を防ぐためには、無作為検査よりも早期の患者隔離が必要である
スポンサーリンク

COVID-19の拡大を抑えるためには、どのような方策が必要か?

■ 米国やブラジルを中心に、世界ではCOVID-19が急速に拡大しています。

■ 日本でも感染者数は拡大し、PCR検査の陽性率は上昇トレンドとなり、入院患者数は増加し、重症患者数は増加しようとしてきています。

都内の最新感染動向 (2020/7/19 AM8:55アクセス)

 

■ 7月17日のネットに、尾身先生の会見からの興味深い記事がありました。

■ そのなかで取り上げられていた論文(Kucharski AJ, et al. Lancet Infect Dis 2020. PMID: 32559451)があり、さらにその論文からの論考がありました。

■ 全文を翻訳して共有します。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

Lancet Infectious Diseasesに掲載されたCOVID-19の拡大を防ぐためのモデリング研究から、ワクチンがない状況でのCOVID-19の拡大を食い止めるにはどうするかを論考したところ、以下のすべてを組み合わせると、実効再生算数を最も低くし、1以下にできることが示唆された。

 ✅ 第一に、サーベイランスと検査によって新規の症例を同定し、さらなる感染を防ぐために隔離すること(ただし、一部の国で実施されているランダム検査は実効再生算数をほとんど低下させず、資源の浪費である)。

 ✅ 第二に、感染者のすべての接触者を追跡し、潜伏期間中は隔離することで、さらなる感染のリスクを減らすこと

 ✅ 第三に、ソーシャルディスタンスを置くこと。

 ✅ 第四に、感染症の輸入を阻止するために渡航制限をすること

 ✅ 効果がゆるやかかもしれないが、マスクの使用は役立つ可能性がある 。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう