スミスリン抵抗性のアタマジラミに、イベルメクチンローションが有効かもしれない
スポンサーリンク

スミスリン耐性アタマジラミに対する治療のひとつ、イベルメクチンローション。

■ アタマジラミは、1年中の流行が起こりうるやっかいな感染症です。

■ 沖縄ではスミスリン(フェノトリン)が効かないアタマジラミが流行しており、『次善の策』が求められています。

■ 本州でも今後、スミスリン耐性が増える可能性もあり、あたらしい治療として『イベルメクチンローション』に対する研究が行われています(もちろん、当面の保険適用の予定はありません)。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

アタマジラミ症の12人に対しスミスリンを投与し、消失しなかった7人にイベルメクチンローションを投与した(スミスリンで改善した5人にも再度スミスリン使用)ところ、

 ✅ アタマジラミが軽快した率は、15日目に75.0%、22日目に91.7%だった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう