乳児に対する鼻汁吸引には、リスクがあるか?
スポンサーリンク

乳幼児が風邪をひいたときの鼻汁吸引、リスクはあるか?

乳幼児の風邪に対する鼻汁吸引は、有効性はあると考えられています。

■ とはいえ、この分野のエビデンスは少なく、研究結果を探してもあまり多くはありません。

■ そこで、文献を探していると『Narhinel』という方法の安全性をみた検討をみつけました。

■ 『Narhinel』下の動画のように、生理食塩水を鼻に垂らしてから人力で吸引するという簡易的な方法のようです。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

ウイルス性の上気道炎のある212人(女児104人,男児108人,平均生後9.6ヵ月)の児に対し、Narhinel(生理食塩水を垂らして吸引する)を1日3回7日間行い、リスクや満足度などを評価したところ、

 ✅ インシデントはなく、鼻出血(6件)、長い啼泣(30件)、落ち着きのなさ・いらいら(2件)、嘔吐等の軽度の副作用(2件)が計40件あった。

 ✅ 前鼻漏 (74%減少)、後鼻漏 (80%減少)、口呼吸 (78%減少)、呼吸雑音 (73%減少)、胸部伝導音 (83%減少)の改善があった。

 ✅ 治療期間中に安眠が67%増加,摂食の質が36%増加、呼吸状態が76%改善、薬物投与が41%減少するなど、子どもらの状態が徐々に改善していることが示唆された。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう