インフルエンザA型とB型の、どちらの方が症状が強いのか?
スポンサーリンク

インフルエンザにおいて、A型の方が症状が強いと思われているが…

■ インフルエンザA型の方が重症度が高いと思われていることが多いのですが、実際のところは差はないという報告が多いです。

■ B型の方が死亡率が高い、といった報告すらあります(Tran D, et al. Hospitalization for influenza A versus B. Pediatrics 2016; 138.)。

■ そこで、このテーマを検討した、最近のフィンランドで行われた報告をご紹介します。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

インフルエンザA型またはインフルエンザB型で入院した16歳未満の小児391人の臨床症状などを比較したところ、

 ✅ 年齢別に分析した場合でも、すべての小児で分析した場合でも、インフルエンザA型とインフルエンザB型の小児における臨床的特徴、アウトカム、管理、集中治療室での治療、入院期間に有意差は認められなかった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう