低GI食は、座瘡(にきび)を改善させるか?
スポンサーリンク

低GI食が、座瘡に有効?

■ 低GI食とは、簡単に言うと血糖を急激に上げないような食事、ということです。

■ 座瘡に対して、低GI食が有効という総論をみかけたので、元となった論文を確認してみました。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

15~25歳の男性座瘡患者43人に対し、低GI食群・高GI食群にランダム化し、12週目までの座瘡の重症度と体重などを比較したところ、

 ✅ 12週目には、低GI食群(-23.5±3.9)の方が高GI食群(-12.0±3.5)よりも座瘡の病変数の平均値(±SEM)が低下した(P = 0.03)。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう