新型コロナワクチンに対する誤解とは?(CDC 2021年7月7日更新版)
スポンサーリンク

新型コロナワクチンに対し、根拠に基づかない情報が出回っている。

■ 新型コロナワクチンに対する、根拠に基づかない情報を見かけることがあります。

■ 7月7日に更新されたCDC(米国疾病予防センター)からの記事で、それらに対する解説が掲載されています。

■ 簡単に翻訳して共有します。

 

このCDCの記事でわかったことを、ざっくりまとめると?

ネットなどで見られる新型コロナワクチンに対する誤解に対し、CDC(米国疾病予防管理センター)の解説が公開されており、以下のようにまとめられた。

 ✅ 新型コロナワクチンを接種しても、磁気を帯びることはない。

 ✅ 現在、妊娠しようとしている方や、将来的に妊娠したいと考えている方が新型コロナワクチンを接種してよい。

 ✅ 米国で使用が許可されている新型コロナワクチンの中に、新型コロナの成分を脱落させたり放出したりするようなものはない。

 ✅ 新型コロナワクチンがDNAを変化させたり、相互に作用することはない。

 ✅ 承認・推奨されている新型コロナワクチンはいずれも、その時点で感染しているかどうかを確認するために使用されるウイルス検査(PCR検査や抗原検査)で陽性となることはない。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう