授乳中の母親がmRNAワクチンを接種すると、母乳中にmRNAワクチンは検出されるか?
スポンサーリンク

新型コロナに対するmRNAワクチンを摂取したあと、母乳中からはmRNAは検出されるか?

■ 授乳中の薬剤に対し、お母さんはどうしても気になるものです。

■ ”禁忌”の薬剤もあることは確かですが、mRNAワクチンに関しては、むしろ『推奨される』ワクチンとして位置づけられるようになっています。

■ なぜならば、母親自身の新型コロナへの感染リスク・重症化リスクを減らすからです。

■ここで良く混同される点があります。

『mRNAワクチンを接種して、その成分が母乳中にmRNAが検出されること』と『mRNAワクチンを接種したあと母乳中にウイルスに対する抗体が検出されること』はまったく異なるということです。

■『母乳中には抗体が含まれているから、赤ちゃんを守ってくれる』という話を聞いたことがあるでしょう。

■ これは、母乳中の分泌型IgA抗体などが、赤ちゃんを感染症などから守るという報告などからいわれていることです( Jelliffe DB, Jelliffe EF. Breast milk and infection. Lancet 1981; 2:419.)。

■ つまり、母親がmRNAワクチンを接種して抗体が分泌されることは赤ちゃんにとって感染症から守る可能性があることですから、利益があることといえます。

 

■ そして、母親にmRNAワクチンを接種すると新型コロナに対するIgA抗体やIgG抗体が、接種後6週間にわたって母乳中に分泌されることが示されています(Perl SH, Uzan-Yulzari A, Klainer H, Asiskovich L, Youngster M, Rinott E, et al. SARS-CoV-2–Specific Antibodies in Breast Milk After COVID-19 Vaccination of Breastfeeding Women. JAMA 2021; 325:2013-4.)。

■ つまり、母親へのワクチン接種は、子どもを新型コロナから守る『可能性』があるといえます。

■ では、授乳中の母にmRNAワクチンを接種するとして、母乳中にmRNAは検出されるほど分泌されるのでしょうか

■ 最近のJAMA Pediatrics誌の報告を共有します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

mRNAワクチンを接種したあとの母乳育児中の母親(平均37.8歳)7人の母乳から、mRNAが検出されるかを検討したところ、

 ✅ 複数の時点(4~48時間)を含むワクチン接種24時間後に採取した母乳からは、ワクチンに由来するmRNAは検出されなかった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう