貯蔵した穀物に増える『チャタテムシ』を食べることによりアナフィラキシーを起こした症例報告

穀物に増えるダニだけでなく、『チャタテムシ』を食べることで症状がおこる可能性がある

■ ヒラタチャタテ(ここではチャタテムシと呼称します)は、さまざまな穀類だけでなく、動物・植物、書籍の糊等に発生します。

■ 英語ではbook liceなどと言われ、書籍に発生するという意味にとれますが、貯蔵した穀類にもいるということですね。

■ 最近、小麦粉に繁殖するダニをたべることによる症状『パンケーキ症候群』がしられるようになりました。

ホットケーキミックスの買いだめにご用心!アレルギー科医が心配する『パンケーキ症候群』とは

■ しかし、このチャタテムシが、オーツ麦や米に増えることで、アナフィラキシーを起こす可能性があるという文献をみつけましたので共有します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

オーツと米を摂取してアナフィラキシーを発症した44歳女性に関して検討したところ、

 ✅チャタテムシに汚染されたオーツ麦を調査したところ、汚染されたオーツ麦から抽出された24kDのバンドは、チリダニの14kDのバンドとは免疫学的に異なることが示唆され、チャタテムシによる症状が示唆された。

Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう