気管支喘息の記事一覧
アレルギー性喘息があると、ライノウイルス感染時に鼻腔でIgE抗体が多く産生される
環境要因は、小児の喘息発症に影響するか?
吸入ステロイド薬は、喀痰中好酸球低値の軽症患者には有効性が低い
小児期の喘息が成人するまでに寛解する予測因子はなにか?
幼児期に発症したアトピー性皮膚炎は、その後喘息をより発症するリスクを上げる
乳幼児期の喘鳴時のアレルゲン感作は、その後の喘鳴持続を予測するかもしれない
アトピー性皮膚炎を発症しても、喘息へ移行するのは3割である
気管支喘息につながりやすいアトピー性皮膚炎は、どんな特徴があるか?
アレルギー性鼻炎は喘息のコントロールを悪化させる
喘息入院時に抗菌薬治療を行うと、治療失敗率は変わらず入院期間が長くなる
ピークフローに基づく、喘息の自己管理は有効か?
妊娠中の適切な喘息コントロールは、子どもの喘息発症リスクを下げるかもしれない
吸入ステロイド薬の使用は、ぜん息による死亡率を低下させる
ステロイド点鼻薬は、喘息の悪化も抑える?
2歳までのアトピー性皮膚炎が重症であるとその後の喘息を発症しやすくなる
黄色ブドウ球菌の定着は、喘息管理における吸入ステロイド必要量を増加させるかもしれない