おむつかぶれ予防は、ベビーパウダーか?亜鉛華軟膏か?
スポンサーリンク

おむつかぶれ(おむつ皮膚炎)予防に、ベビーパウダーが良いか?亜鉛華軟膏が良いか?

■ この論文にはタルカムパウダーという用語になっていますが、日本ではベビーパウダーという言葉のほうがしっくりくるようです。

■ おむつ皮膚炎の発症予防に対し、ベビーパウダーと亜鉛華軟膏の有効性を比較した検討。こういう研究は少なく、たまたま見つけたのでご紹介します。

■ また、ここでは「亜鉛華軟膏」としましたが、酸化亜鉛は亜鉛華軟膏に含有され、「酸化亜鉛含有クリーム」とあったので、この表記にしています。

亜鉛華軟膏は酸化亜鉛を20%、亜鉛華単軟膏は10%含有します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

生後6〜12ヶ月の乳児50人をタルカムパウダーと酸化亜鉛クリーム外用にランダム化し、おむつ皮膚炎発症までの期間を比較したところ、

 ✅ タルカムパウダー群からのおむつ皮膚炎の発生率は1,000人/ 日あたり4人(95%信頼区間 95%CI 2-7)だったが、酸化亜鉛クリーム群からのおむつ皮膚炎の発生率は1,000人/日あたり2人(95%CI 1〜5)であり、酸化亜鉛クリーム群のほうが優れていた。

 ✅ 第8週目のおむつ皮膚炎のリスクは、タルカム群が酸化亜鉛群よりも5.3倍大きかった(ハザード比[HR] 5.3; 95%信頼区間[CI] 1.4-20.0; p = 0.01)。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう