オボムコイド特異的IgE抗体価が低下傾向であると、卵アレルギーが改善してきているかもしれない
スポンサーリンク

食物経口負荷試験の実施に関し参考にするのは、特異的IgE抗体価の絶対値だけではない。

■ 食物経口負荷試験は、食物アレルギーの診断にとってきわめて重要です。

■ しかし、リスクがありますから、事前の血液検査などにより『ある程度の』結果予想をすることになります。

■ そして、よく実施される特異的IgE抗体価は、多くの場合はその絶対値をみて概ねの予想をたて、負荷試験を実施の可否や負荷量を決めたりすることになります。

■ しかし、それだけではなく、特異的IgE抗体価の経過や病歴も参考にします。

■ 今回は、卵特異的IgE抗体価の経過を、食物負荷試験を実施するかどうかの参考にできるという報告

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

卵アレルギーのある小児130人に対し、経過中に検査した287回の食物負荷試験・287回の血液検査を検討し、耐性の予測に有効かを検討したところ、

 ✅ 経過中の卵白・オボムコイド特異的IgE抗体価の低下は、卵に対する寛容の獲得を予測した。

 ✅ 経過中にオボムコイド特異的IgE抗体価が上昇していると、全例が負荷試験陽性だった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう