小麦に対する経口免疫療法が成功しても、運動で誘発されるケースは多い
スポンサーリンク

経口免疫療法後、脱感作が誘導されても、運動すると症状が誘発されてしまう場合があります。

■ 経口免疫療法は、『少しずつ食べ続けて、食べられる量を押し上げていく』食物アレルギーの治療法のひとつです。

■ 現在のところ標準療法ではなく、一般的にすすめられる方法ではなく研究中といえます。

■ 問題点はさまざま残されていますが、そのひとつに『食べられるようになったように見えても、運動すると症状が誘発される』場合があるということです。

■ この点に関する報告は、決して多くはありませんが、小麦に関する症例シリーズ研究が報告されていましたのでご紹介いたします。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

小麦アレルギーのために『急速』経口免疫療法を実施され小麦製品の全量摂取(小麦蛋白 5g)を達成した21人に対し、運動負荷試験で陽性であった例と陰性であった例のその後2年間の経過を確認したところ、

 ✅ 14人(66.7%)は運動負荷で症状ありと診断され、急速経口免疫療法の実施5年後も、11人(52.4%)は症状が残存した。

 ✅ 運動負荷後の症状の有無で臨床的背景に差はなかったが、運動負荷で症状がある患者は、経口免疫療法を行う前のグリアジン・グルテニンコンポーネントに対する特異的IgE抗体価が有意に高かった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう