成人の虫刺されのかゆみには、ジルテック・クラリチン・エバステルのどれが最も有効か?
スポンサーリンク

蚊に刺されたときのかゆみに対し、どの抗ヒスタミン薬がより有効か?

■ 虫刺されの季節になってきました。

■ イカリジンやディートのはいった忌避剤をつかいつつ、刺されたときの対応を考えていく必要があります。

■ 私は、ステロイド外用薬+冷却を基本にしています。

■ それでも難しい場合に、(私も全員に処方しているわけではありませんが)内服の抗ヒスタミン薬を追加で処方することがあります。

■ では、その抗ヒスタミン薬の選択はどうしましょう?成人に関して、抗ヒスタミン薬の効果を比較した研究がありますのでご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

蚊の虫刺に敏感な成人29人に対し、虫刺症時のセチリジン10mg、エバスチン10mg、ロラタジン10mgの有効性を比較したところ、

 ✅ ロラタジンは有意ではなかったものの、セチリジンとエバスチンは、プラセボと比較して膨疹の大きさ(P < 0.01)とそれに伴うそう痒(P < 0.001)を有意に減少させた。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう