マスクによる皮膚炎は、どれくらいの頻度で起こっているか?
スポンサーリンク

マスクによる皮膚トラブルが増えています。

■ マスクによる皮膚トラブルの訴えが増えています。

■ ローションタイプや化粧水タイプの保湿剤、ステロイド外用薬、タクロリムス軟膏、当院には採用がないのですが、コレクチム軟膏、ニキビに対しては抗菌薬やアダパレン(ディフェリン)などが対応策としてあるのではと思われます。

■ 耳介の皮膚炎も増えており、個人的にはハイドロコロイドテープや、頭の後ろでマスクのひもを留めるバンドなどをお話しています。

■ そして最近、マスク皮膚炎の頻度を検討した報告がありましたので、ご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

COVID-19のパンデミック時の一般市民2315人に対し、マスク使用に伴うかゆみに関するアンケート調査を実施したところ、

 ✅ 1,393人(60.4%)が前の週にマスクを使用し、そのうち273人(19.6%)がかゆみを感じたと報告した。

 ✅ マスクを長時間着用している人ほど、かゆみを報告する頻度が高かった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう