寝室の空気清浄機は、小児喘息に有用か?
スポンサーリンク

『空気清浄機が小児喘息に有効か』は、よく尋ねられる質問だが、十分な研究結果に乏しかった。

■ これまで、喘息への空気清浄機の効果に関しては、限定的な報告にとどまっていました。

■ 『環境汚染度が高く』『喘息コンロールは不十分な』ケースに有効”かもしれない”程度だったといえましょう。

■ 最近、JAMA Pediatricsに空気清浄機の小児喘息に対する効果が検討されて有効だったという報告がありましたので共有します。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

小児気管支喘息43人(5~13歳)に対して、寝室で本物の空気清浄機と偽の空気清浄機をそれぞれ2週間のクロスオーバーデザインで使用し、各種気道抵抗や呼気一酸化窒素を比較したところ、

 ✅ 本物の空気清浄機は気道抵抗を改善し、全気道抵抗が24.4%(95%CI 11.8%-37.1%)低下し、細い気道の抵抗が43.5%(95%CI 13.7%-73.3%)低下し、共振周波数(Resonant frequency:Fres)が22.2%(95%CI 2.2%-42.2%)低下し、気道リアクタンスが73.1%(95%CI 0.3%-145.8%)増加した。

 ✅ また、本物の空気清浄機は呼気一酸化窒素(27.6%[95%CI 8.9%-42.4%]の減少)やピークフロー(1.6%[95%CI 0.8%-2.5%]の増加)を有意に改善した。

※ ただし、検討は日本の環境基準より高い、屋外の24時間の平均PM2.5濃度の中央値 53μg/m3という環境で行われています。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう