乳児期の食物アナフィラキシーの原因アレルゲンは?
スポンサーリンク

乳児期にも食物によるアナフィラキシーはある。

■ 乳児期のほうが、より高い年齢層よりもアナフィラキシーの頻度は少なく症状がかるいのではと言う報告もありますが、厳然として 乳児期にも食物によるアナフィラキシーはあります。

■ では、乳児期の食物アナフィラキシーの原因アレルゲンは、どんなものがあるのでしょうか?

■ 仏国からの最近の報告をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

2002年から2018年までの仏国における、乳幼児を中心とした未就学児の食物アナフィラキシー症例に関する原因アレルゲンや症状を検討したところ、

 ✅ 主な食物アレルゲンは、乳児においては牛乳(59%)、鶏卵(20%)、小麦(7%)、ピーナッツ(3%)であったのに対し、未就学児ではピーナッツ(27%)、カシューナッツ(23%)だった。

 ✅ (乳児の)アナフィラキシーは、61人中28人(46%)であり、授乳中止後の最初の牛乳摂取時に発生した。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう