学校にあるテーブル拭きや床のホコリには、どれくらい食物アレルゲンが含まれるのか?
スポンサーリンク

家庭のホコリの中には、食物アレルゲンが含まれる。では、学校ではどうでしょうか?

■ たとえば、家庭での卵摂取は、ハウスダスト中の卵アレルゲンを増やすことが知られています。

■ そして、日本の家庭のおおくは、ダニアレルゲンよりも多い卵アレルゲンがあることが知られており、感作の原因になることが示唆されています。

■ では、学校のホコリの中には食物アレルゲンは含まれているのでしょうか。

■ 最近のJACI in practiceの報告を共有します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

小学校18校における、テーブル拭き103サンプルと床面のホコリ98サンプルについて、牛乳、ピーナッツ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、卵の分析を実施したところ、

 ✅ 学校のテーブル拭きから牛乳とピーナッツが検出され、床面のホコリから牛乳と卵が検出されたが、食物アレルゲン量は、家庭に比べて有意に低かった(P < 0.001)。

 ✅ ピーナッツアレルギーのある生徒5人の家のホコリに含まれるピーナッツアレルゲン量は、ピーナッツアレルギーのない生徒85人に比べて少なく(P < 0.001)、そしてピーナッツアレルギーのある生徒が通う学校のピーナッツアレルゲン量は、彼らの自宅のピーナッツアレルゲン量と有意差はなかった。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう