新着記事
鶏卵アレルギーのある児は、他の家禽(うずら・ハト・ガチョウ・七面鳥など)の卵にどれくらい感作されているか?
軽症の卵アレルギー児の経口免疫療法としては、家庭で週ごとに増量するより、病院に受診ごとに増量し維持した方が、有効かもしれない
牛乳3mLを長期間継続して摂取すると、25mLを摂取できるようになる率が徐々に増加する
イヌやネコアレルゲンが、喘息発作を起こす濃度で存在する頻度は、どれくらいか?
ハイリスクの乳児のピーナッツ導入前の検査では、Ara h2特異的IgE抗体価が有用である
予防接種により、アトピー性皮膚炎の発症リスクを高めることはない
卵のコンポーネントに複数感作されていると、卵アレルギーが治りにくいかもしれない
魚のトロポミオシンアレルギーは、貝アレルギーと関連するか?
卵アレルギーは、診断後12ヶ月間の卵白特異的IgE抗体価の減少率が大きいと寛解しやすい
乳児期と、より高い年齢での食物によるアナフィラキシーに違いはあるか?
新型コロナ(SARS-Cov2)ワクチンは、単回投与でもある程度の有効性が期待できるかもしれない
『ピーナッツ早期導入前のアレルギー検査』は、どれくらい過剰に診断し、どれくらい見逃す可能性があるのか?
乳児期の顔の湿疹は、乳アレルギーのリスクになるかもしれない
アレルギー性鼻炎があると成績がさがり、鎮静性抗ヒスタミン薬はさらに成績がさがるかもしれない
発展途上国から先進国に移住すると、アレルギー疾患が増えるかもしれない
離乳食の導入時にリスクが高い乳児を鑑別するために、湿疹以外にどのような点が着目されるか?
スポンサーリンク