新着記事
SNSとアレルギー情報の付き合い方とは?
牛乳アレルギーのある乳児の栄養を低アレルゲンミルクに変更すると、アレルギー症状をどれくらい起こしにくくするのか?
寒冷蕁麻疹。有病率、治療、予後は?
幼児期からダニアレルギーがあると、気管支の過敏性や喘息が改善しにくくなるかもしれない
生後6ヶ月から5歳の重症アトピー性皮膚炎に対する、デュピルマブの有効性と安全性は?
水分を多く摂ると、皮膚の水分量も増えるのか?
舌下免疫療法のタブレットを置く場所は、『舌下』以外にはないか?
牛乳アレルギーのある子どもの成長率は、牛乳アレルギーのない子どもと異なるか?
乳幼児期のアトピー性皮膚炎は、その後の食物アレルギーを発症しやすくするか?:システマティックレビュー&メタアナリシス
デュピルマブ使用中のアトピー性皮膚炎の重症度を、もっとも反映するバイオマーカーはなにか?
保湿成分の含まれた保湿剤は、角層を強化して、より改善させる可能性がある
牛乳アレルギーのある乳児に対する低アレルゲンミルク(高度加水分解乳)は、身長・体重増加を改善させるかもしれない
妊娠前の母のバランスの良い食事は、子どもの喘鳴を減らすかもしれない
食物蛋白誘発胃腸症は、小児救急外来における嘔吐の鑑別診断として重要
6歳まで持ち越した牛乳アレルギー、改善する可能性はどれくらいあるか?
はやめに舌下免疫療法をはじめたほうが、気管支喘息の発症リスクと医療費が減るかもしれない