新着記事
加工食品中の食物アレルゲンの含有閾値『加工食品100g当たりタンパク質0.5mg』表記に関する、欧州GA²LENポジションペーパー
食物アレルギーは、その後の口腔アレルギー症候群の発症リスクをあげるかもしれない
吸入ステロイド薬+短時間作動性ベータ刺激薬(SABA)の合剤は、SABA単剤と比較して、重篤な喘息発作を減少させる
アトピー性皮膚炎・ドライスキン・TEWL高値は、生後6ヶ月の感作リスクを増加させる
食物アレルギーに対する免疫療法の有効性・安全性は?:システマティックレビュー&メタアナリシス
テープストリッピングにより採取された検体は、アトピー性皮膚炎の病態の検討を可能にするか?
Baked milkによる経口免疫療法は有効か?:ランダム化比較試験
東京に住む児童では、アレルゲン感作は5歳から9歳時に大きく進む
卵黄による新生児・乳児消化管アレルギー(新生児・乳児食物誘発胃腸症)は、どれくらいで寛解するか?
ヤケヒョウヒダニに対して早期に感作すると、その後のアレルゲンへの感作も進みやすいかもしれない
アレルゲン量が少なくすぎても多すぎても、ネコアレルゲン感作は少なくなる
ネコアレルギーに対する舌下免疫療法は有用か?
低アレルゲンの猫は存在しないが、猫によりアレルゲンの産生量の差がある
ペット飼育と活動レベル・アレルギー疾患・精神的健康との関連は?
生後3ヶ月から微量の食物粉末を摂取すると、食物アレルギーの発症を予防する:ランダム化比較試験
保育所での風邪の回数を減らすには?