コントロールが容易な喘息と難しい喘息を区別する要素は何か?

Pongracic JA, et al. Distinguishing characteristics of difficult-to-control asthma in inner-city children and adolescents. J Allergy Clin Immunol 2016; 138:1030-41.

難治性喘息のリスク因子は?

■ 難治性喘息に関して、最近、様々な報告を御紹介してきました。

■ 今回は、小児難治性喘息に関する報告です。

6歳から17歳の喘息患児619人の、コントロール不良となるリスク因子を検討した。

背景

■喘息をコントロールするために必要な治療レベルは、喘息患者集団によって大きく異なる。

■そして、都心に住む児童の必要な治療レベルの変動に関係する因子は完全には解明されていない。

 

目的

■ 私たちは、コントロール不良の喘息とコントロール可能な喘息を区別する臨床的特徴を特定しようと試みた。

 

方法

■ 6歳から17歳の喘息児は、試験開始時の評価と、1年間のガイドライン・ベースの喘息管理を受けながら隔月に受診をした。

■ コントロール不良の喘息とコントロール可能な喘息の区別は、少なくとも4回の受診時に100μg以下の長時間作動性β-アゴニストを併用するかどうかにかかわらず、フルチカゾン 500μg以上を毎日使用しなければならないかどうかで定義された。

■ 単変量解析を用いて2群を比較し、可変選択アルゴリズムを使用してコントロール不良の喘息に最も関連する特徴を同定するために、44の試験開始時変数を用いた。

■ 一般化された加法混合効果モデルを用いて、縦向きの尺度(症状、肺生理学的検査、増悪)の非線形的季節変動を調べた。

 

結果

■ 募集した619人のうち、コントロール不良喘息が40.9%、コントロール可能な喘息が37.5%だった。21.6%はどちらのグループにも入らなかった

■ 試験開始時のFEV1の気管支拡張薬に対する反応性は、コントロール不良とコントロール可能な喘息を鑑別する最も重要な特徴だった。

鼻炎の重症度およびアレルギー性マーカーは、その他の主な特徴だった。

■ 時間の経過とともに、コントロール不良な喘息は、特に春と秋に増悪率が高いことが特徴であり、特に秋と冬の日中と夜間の症状がより大きくなることが示唆された。

■ そして、使用中の高用量のコントローラー治療にもかかわらず肺生理機能が増悪した。

 

論文から引用。グラフィカルアブストラクト。

 

結論

■ 良好な服薬アドヒアランスにもかかわらず、コントロール不良な喘息は、1年中、症状・増悪、肺生理機能の改善をほとんど示さなかった。

■ 肺生理学的測定に加え、鼻炎の重症度およびアトピーは、高用量の喘息コントローラー治療の必要性と関連していた。

 

結局、何がわかった?

 ✅小児喘息患児に関し、 気管支拡張薬に対する反応性は、コントロール不良とコントロール可能な喘息を鑑別した。

 ✅鼻炎の重症度およびアレルギー性マーカーも主な特徴だった。

 

 

 

重症喘息に関し、呼吸機能は重要なファクターになりそうだ。

■ 以前ご紹介した小児喘息の重症度に対する因子として、肺機能、鼻炎重症度、受動喫煙、アレルギー性炎症が挙げられていました。

■ その報告にかなり近い結果ではないかと思います。

小児期の呼吸機能低下は、そのまま続いてしまう可能性も指摘されており、どうやら呼吸機能はその先の予後に強く影響すると言えそうです。

 

今日のまとめ!

 ✅小児喘息患児に関し、 気管支拡張薬に対する反応性、鼻炎の重症度、アレルギー性マーカーは、コントロール不良とコントロール可能な喘息を区別する要素だった。