伝染性軟属腫(水いぼ)に、ヨクイニンは有効か?
スポンサーリンク

伝染性軟属腫(水いぼ)に対し、漢方薬であるヨクイニンを使用するケースがあります。

■ 伝染性軟属腫(水いぼ)の治療は、摘除以外にはエビデンスに乏しく難渋することもあります(摘除する、しないに関してはこの記事では論じませんが、過去記事もご参照ください)。

■ 軟属腫に対し「ヨクイニン」を使用するプラクティスがあり、個人的にはときどき処方します。

■ しかし、軟属腫に対するヨクイニンのエビデンスは極めて乏しく、和文の報告ですが二重盲検比較試験をご紹介します。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

2歳以上15歳以下の軟属腫患児をヨクイニン群162人、プラセボ群169人で4週、8週、12週の結節数を比較したところ、

 ✅ 有用度および試験開始後4週時の結節残存率において、ヨクイニンはPlaceboに比し優れる傾向だった(8週、12週では差はなし)。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう