ダニアレルゲンに対する介入は、喘息のコントロールに有用か?
スポンサーリンク

ダニアレルゲンに対する環境整備は、喘息コントロールに有効か?

■ 個人的には、気管支喘息に対する環境整備は重要と考えています。

■ 一方、喘息に対する環境整備を検討したシステマティックレビューは、有効性があきらかではないという報告しています。

■ 一方で、環境整備が有効とする報告も多数あります。

■ この理由はどこにあるのでしょうか?最近のレビューに、そのヒントが有る様に思います。

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

喘息に対するダニアレルゲンの低減戦略の再度検討したレビューにおいて、

 ✅ ダニにさらされている曝露量に基づく制御という戦略に関する試験は報告されていない。

 ✅ コクランシステマティックレビューの報告は、複数の方法で介入している研究は少なかった。

 ✅ これまであまりおこなわれていない、空気清浄機における介入の有効性を検討する必要がある。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう