FacebookのHPVワクチン情報は、まず『個人的な体験談』が拡散されやすい
スポンサーリンク

日本と同じ様にHPVワクチンの接種率がさがったデンマークは、政府が積極的に関わり接種率を回復させた。

■ HPVワクチンの接種率低下により、諸外国に比較して日本では、今後多くの方が子宮頸がんで亡くなることが予想されています。

■ HPVワクチンの接種率が日本と同じ様に一時、下がった国があります。それがデンマークです。

■ デンマークではやはりマスコミのネガティブキャンペーンにより大きく接種率がさがったものの、政府の積極的なキャンペーンで回復しています。

■ そのうちのひとつが、Facebookを利用した情報キャンペーンでした。

 

 

この論文でわかったことを、ざっくりまとめると?

デンマークで行われたHPVワクチンへ接種率を高めることを目的とした全国キャンペーン「Stop HPV - stop cervical cancer」の一環で実施されたFacebookページ「Stop HPV - stop cervical cancer」の様々な投稿を分析したところ、

 ✅ Facebookの投稿とコメントの感想を分析したところ、事実に基づく投稿よりも個人的なストーリーの方がエンゲージメント率が高く、よりポジティブな対話を生み出していた。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)



Instagram:2ヶ月で10000フォロワーを超えました!!!

Twitterでフォローしよう